CROSSexchange

クロスエクスチェンジ 2019年11月のまとめ

こんばんは。
裕純(@yujun6476)です。

5/14から始めたクロスエクスチェンジも、今日で200日目が経過しました。

11月の運用まとめになります。

今現在のクロスエクスチェンジは1周年の記念記念月でありながらも、相変わらずの施策失敗で価格の上昇が全く見込めない最悪な状況が続いています。

日々減っていく、出来高と配当金で新規客も取り込めない状況で完全にお手上げ状態となっているクロスエクスチェンジです。

それでは、11月末の資産状況と、1か月の配当状況を見ていきたいと思います。

クロスエクスチェンジ資産保有状況

11月末時点のクロスエクスチェンジ資産保有状況になります。


11月末現在のクロスエクスチェンジ資産推移状況になります。

価格は常に変動しており、今現在の資産状況とは異なる場合があります。

クロスエクスチェンジ 11月配当一覧


11月の配当金額(90日間ロックアップ時)

収益分配額は、取引所が独自発行する『トークン(XEX)の保有割合×毎日の取引所収益額』によって変動します。

今週の配当状況

2019年11月1日~30日の配当
(毎日15時~15時30分頃に配布)

  • XEX保有 43,779枚
  • 配当銘柄 約19銘柄
  • 配当金額 1,068.44円(@約35円/日)
  • 月利   0.59%

CROSSexchangeの登録はこちら

 

今、CROSSexchangeに登録するメリット

仮に『約50,000円』分の通貨で自動マイニング取引を行った場合、

  • マイニングプラン90で   30%UP
  • 新規参入キャンペーンで  10%UP
  • 入金額キャッシュバックで 10%UP

上記のキャンペーンを利用することで、『約75,000円』分の取引所トークンであるXEXを保有することが出来ます。

更に、

  • 友達紹介キャンペーンで、1000XEX(約1000円相当)が必ずもらえます。
  • ギフトボックスキャンペーンで、以下のギフトボックスがもらえます。
    (自動マイニング取引で、プラン30/60/90を選択した場合のみ)
    ①その日のマイニング出来高1位を獲得すると、5000XEX(約5,000円)がもらえます。(複数名でも全員に配布されます。)
  • クイックバイで取引をすることで、購入量が2倍になるキャンペーン。(5人に1人の確率)

現在、XEXはかなり価格が低迷し、売り圧もまだまだ強いので、拘束される期間中に元資を割る可能性やそもそも出金が出来なくなってしまう可能性はゼロではありません。

それでもCROSSの可能性に賭けて運用をしてみたいと思う方は、上記のキャンペーンが続いている今、新規で始めるにはメリットは大きいと思います。

また現在は、新規ユーザーに向けてのキャンペーン強化しており、友達紹介キャンペーンで獲得出来るXEXが倍の 『1000XEX』になっています!

CROSSexchangeの登録はこちら

 

仮想通貨取引所の口座開設

クロスエクスチェンジは今現在、直接口座で通貨の購入が出来るようになりましたが、ほかの通貨の取引もやってみたい方は以下から口座開設出来ます。

ぜひ口座を開設して、クロスエクスチェンジを始めてみましょう。

GMOコイン

GMOコイン
特 徴 東証一部GMOインターネットグループの取引所で高い信頼性
手数料 基本的な手数料はすべて無料
取引ツール シンプルかつ高機能なアプリで初心者でも使いやすい
取扱通貨 BTC・ETH・BCH・LTC・XRP

コインチェック

コインチェック
特 徴 金融大手のマネックスグループが経営に携わっている
手数料 入金・取引手数料無料/出金 400円
取引ツール 初心者にもわかりやすい取引ツールが豊富
取扱通貨 BTC・BCH・ETH・ETC・NEM
LTC・XRP・LSK・FCT・MONA

クロスエクスチェンジ 11月運用のまとめ

今月のクロスエクスチェンジは、取引が開始してから1周年を迎えるという特別な月間にも関わらず、運営の特に驚きもない本当に価格を上げようと考えているのかよくわからない施策でもう壊滅状態が続いています。

配当に関しても、保有率に対して個人の分配は少なくなっていくことを踏まえても、日々の取引高が激減しているので、配られる配当の規模が少なく、月初と比べるとほぼ無いに等しい状況になってきました。

現状では価格による資産の上昇を期待できないので、再ロックでのボーナスでXEX枚数を増やす手に賭けている状態になっています。

マイニングと焼却によってXEXの流通量が少しずつ減少しているの、いずれはXEXを保有しようとすると板で購入するしかなくなるので、その時に価格が上がる要因になるといいですが、問題は3年目があるかということです。

兎にも角にも、今の状態では損切するには大した価格ではないので、損切でもいいと思える価格まで回復することを願いながら11月の運用報告としたいと思います。

来月もなんとか運用報告が出来るよう心から願っています。