ループイフダン

2019年6月24日週のループイフダン 運用報告(自動売買)

こんばんは。
裕純(@yujun6476)です。

先週からトルコ円の運用を開始しました。

高スワップ狙いと豪ドル円の膠着状態を少しでも打開出来たらと、かなりリスクをとって運用開始しています。

さて今週は、世界もまたこのFXで資産運用している人たちも注目の『G20』が開幕しました。

やっぱり何といっても注目は、

アメリカと中国の貿易交渉

ではないでしょうか。

結果次第では、週明けの窓開けがどちらに開くのか大注目になりそうです。

G20の行方は最後のまとめで改めて触れたいと思います。

豪ドル運用状況

今週の豪ドル円は、週明けの月曜日から円安方向に大きく動きがありました。

火曜日に再び円高に振れた際は、またレンジか下落の動きになるのかと心配しましたが、水曜以降堅調に上昇していきました。

G20に向けて、少しずつ好材料の話が出てきたためか全体的にクロス円が上昇し、それに合わせて豪ドル円も大きく週末に向けて堅調に推移しました。

含み損も大幅に解消され、口座資金も少しゆとりが出来ました。

ただし、まだまだ中国との貿易交渉も続き、豪州の利下げも引き続き続いていくようなニュースもあるので油断は出来ません。

 

トルコ円運用状況

今週のトルコ円は、レンジ相場の中で大きく変化することはありませんでした。

近隣国のイラン情勢が影響し、上下しているので急激な下落もあり得るかもしれませんが、今のところは順調にスワップを積み重ねています。

トルコ円に関しては、特に上昇での利益確定よりもスワップ目的で運用し、ポジションの決済があるといいなくらいで考えています。

運用資金に気を付けながら、引き続き様子を見ていきたいと思います。

 

運用状況まとめ

今週の動きとしては、G20の開催に向けてなかなか動きにくい相場になるかと思っていましたが、豪ドル円が堅調に推移し、含み損が大分解消されました。

しかし、まだまだ利益につながるような状況ではないので気付けていけたらと思います。

その中で、アメリカのファーウェイへの制限が緩和されるとのことで、来週の週明け窓開けが少しいい方向で期待できるのはと思います。

あまり大きく開けるような要因にはなっていないかな(笑)

トルコ円に関しては、順調にスワップを積み立てていけているので、ロスカットにならないようにだけ資金管理に気を付けながら運用していけたらと思います。

今週も引き続き、前回同様の運用報告になってしまいました。

どのようにしようかまだ考え中ですが、近いうち新しい報告が出来たらと思います。

6月24日週の運用報告

エントリー       2本
決済          1本
確定損益       313
損益累計   -89,839
(含み損益 -19,331)