ループイフダン

2019年8月19日週のループイフダン 運用報告(自動売買)

こんばんは。
裕純(@yujun6476)です。

今週のループイフダン運用の確定利益は、『+0円』でした。

それでは今週の運用報告をまとめていきたいと思います。

豪ドル円運用状況

今週の豪ドル円は、先週からの流れを引き継いで週始めは少しずつ値上がりしていましたが、最終金曜日に中国の報復措置で大幅な下落となってしまいました。

金曜のNY市場終了後にトランプさんの更に追加利下げの発表があったため、週明け月曜日がかなり不安な状態で今週の取引が終了しました。

ループイフダンを始めるときに、豪ドル円は金利スワップもよく、他通貨に比べると証拠金も少なく大きなレンジ相場になっているので向いているという意見が多かったです。

しかし、最近はどんどん金利も下がってきており、今ではドル円の半分以下の金利スワップでまったく魅力がありません。

また中国との貿易戦争で豪ドルがここまで影響を受けるとは思っていなかったので、かなり相場が安定しておらずリスクの高い通貨になってきたのではないでしょうか。

今のポジションを決済できるところまでくることが出来たら早く決済をして、改めて通貨の見直し、値幅の設定など全通貨の相場をきちんと検証して臨んでみたいと思います。

トルコ円運用状況

今週のトルコ円は、月曜から大きく下げた状態で始まり、そのまま大きく下落していく一週間になりました。

トルコ情勢もいろいろと不安になっており、かなり市場は不安な状態になっています。

しかし、まだまだレンジの中で推移しており、ロスカットに影響するような下落にはなっていないのでこのまま様子を見ていきたいと思います。

トルコ円のスワップも少しずつ下がってきてはいますが、今のところしっかりともらえている状態なので、このままレンジもしくは上昇してもらえたらいいなと思います。

豪ドル円が少しアップトレンドになり、証拠金維持率に余裕が出来てきたらまた改めて運用を開始してみようと思います。

運用状況まとめ

今週は全体的に横横のレンジ相場が続いていましたが、最後の最後で米中の貿易戦争による影響で大きくリスクオフの動きとなりました。

資金も大きく含み損が膨らむ形となり、かなり証拠金維持率が下がってきています。

週明け月曜日が、トランプ砲の影響でかなり不安な状態ですが、なんとか持ちこたえてくれることを願いたいと思います。

現状、まとめることがかなりネガティブなことばかりなのであまり長々と書きたくなくなってきました(笑)

なんとかいい方向に向かってくれることを願いながら今週の振り返りとしたいと思います。

8月19日週の運用報告

エントリー       0本
決済          0本
確定損益         0
損益累計   -88,166
(含み損益 -43,226)